千葉・東総物語

「千葉・東総物語」シリーズ発刊の辞
―全国各地、どこにでもある歴史、地理に根ざした、人物、建物、行事、物産、民話などは、その地域の人々の今までを形造ってきたものであり、地域の人々の血となり、肉となっています。これからの地方分権の時代にとって、まさに貴重な出発点となる素材です。
しかし、時と共にそれらが忘れ去られ、あるいは、元の意味を失ってしまうかもしれません。
私共の身の回りの「小さな歴史」の一齣一齣(ひとこまひとこま)を大事にしたいと思い、地域の人、特に子ども達、そして、外から立ち寄ってくれる人にとって、「薄くて読み易い物語」シリーズを企画しました。
そのテーマ毎に、相応しいと思われる地域の方々に執筆をお願いして参りたいと思います。―


大原幽学物語離村と退廃に悩む村をよみがえらせた
猪野映里子著 本体150円+税
江戸時代末期、千葉県の東部は、「天保水滸伝(てんぽうすいこでん)」に代表されるような混乱の時代で、長部村(現旭市)も離村、退廃に悩まされた。名主遠藤伊兵衛に招かれた大原幽学は、人性教学から始まり、生活の仕方、稲作の方法、先祖株組合(せんぞかぶくみあい)を通じ耕地整理にまで踏み込み、村のよみがえりを実現したが・・・

椿の海物語湖を美田に変えた男たちのロマン―
松井安俊著 本体150円+税
江戸時代初期、千葉県東総の入江湖(椿の海)を美田に変えるため、幕府の許可、工事資金、周辺村の理解を得るのに苦労し、困難を越えて新川を造り干拓を実現していった男たちのロマンと現実は・・・

飯高檀林物語日蓮宗の学問所が、どうして匝瑳市飯高にうまれたのか―
依知川雅一・實川理著 本体150円+税
匝瑳市飯高にある飯高檀林は江戸時代、日蓮宗の最高の学問所の一つであり、現在の立正大学へ受け継がれた。しかも、平成14年(2002年)国指定重要文化財である大講堂が、立派に修復された。成田市三里塚は、全国から飯高檀林へ来る修学僧の里程標だという。どうして、匝瑳市飯高にこのような仏教施設ができたのであろうか・・・

八日市場・祇園祭物語八日市場のまちは、そして祇園祭はどうして生まれたの?―
依知川雅一著 本体150円+税
病気から身を守る薬師様の縁日、夏の疫病祓(えきびょうはら)いを祈願する祇園祭、雨乞いのための火祭り(駒真似)と結びついて生まれた八日市場は、江戸時代の末期には、近隣では、佐原、東金に次ぐまちとなった。

山下りん物語日本最初の女性洋画家の作品が匝瑳市蕪里に―
田中澄江著 本体150円+税
山下りんは、明治初の日本女性洋画家の先駆者という立場にありながら、なぜ、ロシア正教会のイコンを描き続けたのであろうか。彼女の心中はいかがであったろうか。匝瑳市の蕪里という地にどうして、鵜沢司祭の手で須賀ハリストス正教会が作られたのであろうか。ふつふつとわくいくつもの疑問に、クリスチャンでもある作家田中澄江先生は「山下りん」の中で、ぐいぐいと魅かれていく文章の中で自ら問い、解明されておられる。

関寛斎物語―司馬遼太郎をして、「日本人に非ざるスケールの持ち主」―
吉井永著 本体150円+税
東金市東中に生まれた寛斎は、(今)関素寿夫妻の養子になって、漢学、勤勉、人道主義を学び、更に、佐倉順天堂、長崎ポンペを通じて蘭方医学を学び、徳島藩医となるも、町医に転じ、関大明神と崇められ、齢70有余にて敢然と北海道の極寒地の開拓に夫婦で挑戦して、理想主義を貫き通した、貴重な人材といえます。

海保漁村物語―幕末の儒学者、明治維新の人材も門弟となる―
伊藤一男著 本体150円+税
海保漁村は、横芝光町北清水の漢方医にして寺子屋の親元に生まれ、幼少より、寸暇を惜しんで学び、幕府医学館の教授となるも、庶民の教育に努め、渋沢栄一らの英才も学んだ。この一文を通し、幕末、東総地域の教育・文化の一端を垣間見ることができる。

杉野芳子物語―日本の女性の洋装化に尽くした炎の如き人生―
能勢浩編・著 本体150円+税
千葉県の農村(横芝光町)で育った杉野芳子が、裸一貫で渡米し、自らの洋服を作るため学んだ洋裁を生かして、杉野ドレメスクールを作り、和服中心の日本女性に洋装化を推進するリーダーとして関係各方面にて活躍した、炎の如き一生。

飯岡助五郎物語―網元、親分、十手の三役を担った―
松井安俊著 本体150円+税
三浦に生まれ、力士の夢かなわず、豊漁で賑わった九十九里浜の片貝、飯岡と流れ来て、網元の婿に見込まれ、荒仕事の合い間の賭場(とば)の親分となり、関東取締出役(かんとうとりしまりしゅつやく)の道案内も頼まれるという数奇の役割を務めた男の物語。

木曾義昌物語―旭地名のゆかり、戦国乱世を駆け抜けた武将、短い治世の後、東総の相給支配始まる―
松井安俊著 本体150円+税

旭市の名の謂(いわ)れと称される、朝日将軍木曾義仲の第19代木曾義昌は、武田、織田、豊臣、徳川の戦国末期を生き延び、信濃10万石から、現・旭市大部分に匝瑳市、銚子市の一部を加えた1万石に配置替えさせられた(1590年)。義昌は、人心の安定を図ると共に、湿地の干拓、市場の整備をし、領内の繁栄を図ったが、1595年没した後、長男義利は、粗暴の咎(とが)により1600年所領を没収され、ここに木曾家の歴史は終わった。その後、各種旗本、大名の相給(あいきゅう)の分割支配を受け、「椿の海」干拓を経て、東総地区(又は千葉県)に共通する統治不足ながら、農漁業、食品加工、流通が育ち、代官、名主、百姓、商人の世界が、明治維新まで続くことになる。

両総用水物語―房総半島を縦断する水の夢と苦しみ―
猪野映里子著 本体150円+税
九十九里地域の旱害(かんがい)、佐原地域の水害など、旱水害から農民を救い、食糧増産を安定化させるため、昭和16年に始まった、上総、下総を結ぶ両総用水事業は、戦後、米国の見返り資金獲得、地元農民の説得、県営支線の促進、利根河口堰など幾多の困難を乗り越え、今や、生活用水、工業用水の房総導水路事業にまで発展し、南房総まで繋がる世紀の大事業となった。

少年伊能忠敬物語―九十九里に生まれ、転変の中に和算、学問、様々の体験に恵まれた―
伊藤一男著 本体150円+税
九十九里町小関の網元の家に生まれた忠敬は6歳の時、母に死なれ、一人小関に残されたが、父貞恒も俳諧を好み、それを許容した小関家も忠敬を冷たくは扱わなかったと思われ、10歳で父の実家・神保家に戻った後も、算術、学問を志し、多古の平山家、常陸土浦の医家に学ぶなど、忠敬の少年時代は、苦しくとも、才と志に溢れていた。

浜口梧陵物語―「稲むらの火」をかかげた人―
戸石四郎著 本体150円+税
浜口梧陵は、銚子ヤマサの第七代目儀兵衛としての経営をしっかり行うと共に、故郷紀伊の広村の名主として、両地域を往復し、その間に、医師三宅艮斎(ごんさい)、関寛斎などを通じ、銚子のコレラ対策、江戸の種痘所(しゅとうじょ:お玉ヶ池=東大医学部の前身)への援助を図り、広村の津波の時は、有名な「稲むらの火」を燃やして村民を救い、その後大堤防に資金を投じ、那耆(なぎ)病院、耐久学舎を作って、経営で得た利益を公(おおやけ)に投じた。更に自由民権運動にも係わり、和歌山県の初代議長となるなど、その及ぶところ、正に身を修(おさ)め家を斉(ととの)え公に尽くされた生涯だった。

TADAYA八日市場店、又は「ふれあいパーク八日市場」(匝瑳市飯塚)にて販売中!
※ご注文はTADAYA八日市場店へ
TEL.0479-72-1566
FAX.0479-72-0343
E-mail
tadaya-co@nifty.com
※「郵便振替用紙」をお送り致します。商品代金と送料を郵便振替にてお支払下さい。

[リンク]





Kanko学生服