会社概要
【会社の沿革】

創業明治20年

明治27年頃

明治29年




大正8年


昭和12年
昭和26年
昭和38年
昭和42年
昭和51年
昭和57年4月
昭和57年11月
昭和59年11月
昭和62年11月
昭和63年9月
平成2年2月

平成4年12月

平成5年4月
平成8年2月
平成9年3月
平成18年11月
平成19年4月
平成27年3月
平成27年11月
平成28年1月
平成28年2月
平成28年3月
平成28年5月
文化2年(1805年)から東金にて創業した多田屋書肆の2代目能勢嘉左衛門の三男・鉄三郎が、多田屋書肆の隣に洋物店を開業。
嘉左衛門の次男・酒井甲子次郎(養子のため改姓)匝瑳市八日市場西本町(現タマゴヤ玩具店)に洋物店を開業。
東本町(現在地/匝瑳市八日市場イ)に移り、洋品の他に、本、文具の販売、印刷、銀行を逐次開始。能勢鉄三郎これを応援。
明治41年「アララギ」(短歌誌)を印刷している。1〜3号まで。
その他、5人の兄弟が協力して東京にて出版、体操器具の製造販売、千葉にて、中等教科書の出版・印刷、教科書の総代理店、書籍・文具・洋品、木更津にて書籍を取り扱う。
前会長・能勢剛(鉄三郎長男)が八日市場店の経営に乗り出す。前会長は多田屋経営の傍ら東金市長、県教科書組合理事長、県中小企業団体中央会長、両総用水の理事長として活躍し、東金名誉市民他、種々の栄誉にあずかる。
能勢潔(鉄三郎次男)東金本家に養子となり、後に(株)多田屋社長となる。
多田屋株式会社に組織変更。
東金店全面改築。
八日市場店 印刷所を廃止、その跡地に洋品部を新築、本・文具部は拡張・改装。
能勢浩(剛次男)専務取締役として経営参加。
旭市のショッピングセンター「サンモール」に本・文具にて出店。
役員変更(会長能勢剛、社長能勢浩)。
東金・八日市場洋品部門にショップ導入(ファッション化)。
八日市場本店 本・文具部門改装。
剛会長死去、東金市葬。
八日市場市(現匝瑳市)駅寄国道沿いに、本、文具、ビデオ・CDレンタルの複合店(後にセルCD開始)を出店(TADAYA2)。
佐原市(現香取市)国道356号沿いに、本、文具、ビデオ・CDレンタル&セル複合店を「フォーラム佐原」内に出店(TADAYA3)。
旭サンモールショッピングセンター増床に伴い、旭店移転・増床。
八日市場本店100周年記念式典。
JR京葉線稲毛海岸駅前に、本、DVD・CDレンタル&セル複合店を出店(TADAYA5稲毛海岸駅前店)
東金店(ファッション)閉店。断腸の思いで120年の歴史を閉じた。
検見川浜店(DVD・CDレンタル)営業譲受。
検見川浜店(DVD・CDレンタル)閉店。
TADAYA5稲毛海岸駅前店書籍部門営業終了。
TADAYA2八日市場国道店閉店。
TADAYA5稲毛海岸駅前店営業譲渡。
TADAYA3佐原店営業譲渡。
旭サンモール店閉店。

【会社組織図】
【資本金】

【従業員】

【役員氏名】
代表取締役
取締役
取締役
監査役

【主な仕入先】






【主な販売先】

【取引先
金融機関】
20,000千円

社員 : 6名
その他 : 6名

能勢 浩
徳江 有子
勝股 英之助
能勢 千晴

<教科書> 千葉県教科書特約販売(株)
<書籍・雑誌> 日本出版販売(株)、(株)トーハン、日本地図共販(株)
<文具> (株)東京エコール、(株)パイロットコーポレーション、(株)マリモクラフト、
          コクヨ東京販売(株)、三菱鉛筆東京販売(株)
<ファッション> 日本メンモウ(株)、トップエース(株)、鶴岡(株)、(株)中和、
                   (株)エトワール海渡、オンワード商事(株)

一般顧客、官庁、事業所、学校

千葉興業銀行
千葉銀行

[リンク]





Kanko学生服