多田屋株式会社
多田屋グループは、1805年に東金にて、本・文具店多田屋書肆として創業し、明治6年(1873年)千葉県中の教科書の特約店となり、千葉市にて教科書卸のみならず、印刷出版を行い、文具・ファッションも合わせ、戦前、千葉市にて百貨店を建設した歴史があります。
当、多田屋株式会社は、明治20年(1887年)東金にて洋品(ファッション)、明治29年(1896年)八日市場にて、本・文具・洋品・印刷・銀行を開業。正岡子規の根岸短歌会の流れをくむ「アララギ」を1〜3巻まで印刷しました。
【経営理念】

現代社会は、高度の分業に支えられた、高度の信頼に依存する社会である。(チェルノブイリ原子力発電所の例もあるとおり)
企業は、この社会の一員としての分業を果たす社会的存在であるから、その信託に応える社会的意義を発揮しない限り、その存在意義はない。
当社は、本、文具、ファッションを中心とした商品、サービスを提供することによって、地域社会、住民の方の生活と文化の向上に寄与することをその社会的使命と考える。
従って、私達は、何よりもお客様のお役に立つことから始まり、お役に立つことに終わることを心掛けたい。

つぎに、私共は、この変化の激しい世の中にあって、常に変化に対応し、自己変革を遂げると共にフェアな競争を通じて、お取引先、同業、関係諸機関の方々と協調をはかっていきたい。
一方、社会の構成員として、企業の中で働く従業員の、人間としての成長、幸福、生き甲斐の追求に役立つ存在でなければならない。


【今後のビジョン】

これからの時代は、何といっても従来の繰り返しでない新しい変化にチャレンジしていくことを企業、個人、国家、地方あらゆる面で要求されています。
まず、一般的に従来の物は充たされています。人々は新しいものや事柄を求めています。
それぞれの個人は、それぞれの自分の好み、生き方を求めています。
世界は冷戦の終結と高度情報化に伴い急速に緊密になり、東西・南北の安い労働力の活用によりグローバルな生産体制、経済、社会体制が進展しつつあります。
しかもそのゆく手には種々の紛争、環境、資源、高齢化などの問題等々、それらの解決にはグローバルで柔軟な思考、知恵、実行が待たれています。
私共はそうした流れの中でそれらの問題に対処しつつ、それぞれのお客様が自ら求めていらっしゃる好み、夢、感動そして生き方の発見につながるような店づくりを目指しています。
それが具体的には活字、絵画、音楽、映像、インターネットというような情報媒体あるいは、ファッションという自己表現になることでしょう。
そのことは、TADAYAで働いてくれるあなた自身の自己表現、自己発揮につながる職場でなければ、TADAYAのそうした店づくりの願いは実現しません。
個々人の個性の発揮、互いの不足点の埋め合わせによる、TADAYAの一体としての全き発展―そしてお客様に夢と感動を与え続けることが私共の願いです。

―感動・情報ステーション―

【社訓】

1.誠実 ・・・ いついかなる場合にも素直な気持ちで。
2.協調 ・・・ みんなが仲良く、話し合って。
3.努力、工夫 ・・・ 倦まず、たゆまず、考え、前進し。
4.明朗 ・・・ 明るく、生き生き、楽しさ一杯に。
5.健康 ・・・ 心身共に、爽やかな毎日を送ろう。


【行動指針】

<一期一会のお客様に>
6S : 清潔・清掃・整理・整頓・しつけ、親切
6目標 :
明るい・キレイ・分かり易い・楽しい・新鮮・発見

多田屋株式会社  代表取締役社長 能勢浩
〒289-2144 千葉県匝瑳市八日市場イ2460
TEL.0479-72-1566 FAX.0479-72-0343
E-mail.tadaya-co@nifty.com

[リンク]





Kanko学生服
  【TADAYAロゴマーク】 
仲條正義氏が作製。
1933年東京生まれ。
匝瑳高校、東京芸大図案科卒業。
資生堂を経て、仲條デザイン事務所設立。
資生堂「花椿」、ザ・ギンザのアートディレクション、松屋銀座、東京都現代美術館のCI計画などを手掛ける。
ADC会員最高賞、紫綬褒章、旭日小綬章などを受賞。
現社長・能勢浩と匝瑳高校で同期。大学生時代にも、多田屋のブックカバー、風呂敷など作製した。
八日市場本町通り商店街(協)のロゴマーク、匝瑳高校の校碑、看板も。